身詰まりのいいタラバガニの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

かに通販では叶いませんが手にとってみるのがタラバガニの最良の選び方

まずタラバガニの購入先ですが、手にとって選べる店が最良です。目で見て触って、持って選べれる店で買いましょう。次になにを優先するかというと価格ではなく身詰まりです。

タラバガニの販売形態には生の丸々1匹状態、生の冷凍、ボイルの1匹、冷凍とありますが

 

一番のお勧めは生の冷凍です。


生冷凍の中でもベストは肩脚と言われるセクションです。その中でもセクションで1キロ以上のものです。更に1キロ以上あっても氷の付き具合を表面を触って確認してください。脚についているトゲがわかれば氷は少ないのでOKです。

 

トゲがわからないくらい氷が付いていると実質700gとか800gしかないのでヤメましょう。


この条件にあう、タラバガニの肩脚セクションを購入すれば間違いはありません。通販で購入する場合は重量にグロス表示かネット表示かがあるのでネット1キロ以上なら間違いありません。グロス表示というのは氷込みの重量です。

この選別方法はタラバガニのみでズワイガニや毛蟹には通用しません。

蟹も美味しい釧路で発見!テレビでも人気の有名な和商市場

魚介がおいしいと言えばやはり北海道だと思います。広い北海道の中でも私がおすすめするのは、道東の釧路市にある和商市場です。テレビなどでもよくロケをしていると思います。

そのおかげか、外国人観光客や、修学旅行生、道外からの観光客で毎日のようににぎわっています。テレビなどでは鮮魚ばかりが特集されていますが、和商市場の中には魚介類だけでなく、果物や野菜、惣菜、和菓子屋さんなどさまざまなお店が入っています。

しかし、やはり和商市場と言えば「勝手丼」だと思います。ご飯を買い(普通のご飯と酢飯があります)、お好きなネタを選んで自分だけのオリジナルの海鮮丼を作って食べることが出来ます。

もちろん市場なので、ネタは新鮮、そして種類も豊富です。どれも美味しそうな魚ばかりなので、あれもこれもと選んでいると食堂で食べる海鮮丼の何倍もの値段の超豪華な海鮮丼になってしまうので、注意が必要です。

 

たいていのお店は、勝手丼を買うとお味噌汁をつけてくれます。


かに料理人気店には落ち着いた雰囲気の良店という集まる理由がある

名古屋駅の近く、名駅三丁目という飲み屋が集結している場所にある「かげ山」というお店に通っています。どうしても美味しいお魚料理が食べたくなり「名古屋駅」「居酒屋」「魚」とインターネットで検索をかけたところヒットしたので行ってみたのがきっかけです。

今では多い時には毎週、少なくとも1ヶ月に1度は訪れています。なんといっても店主が近くの柳橋市場で毎日目利きをして新鮮な魚を仕入れているのでその日によってある魚メニューも違います。

私は毎回刺身盛り合わせとその日オススメの煮魚又は天ぷらを注文します。毎日食材が違うので手書きのメニューを見てその中で店主オススメをお願いすることが多いです。お酒の種類も多いのでお酒にあった料理も多いのでとても満足しています。

 

一人で飲みに行く場所としてだけでなく店内の雰囲気も良く半個室席もあるので接待に使うこともあります。


コース料理もありもちろん新鮮な刺身盛り合わせからその日のオススメの煮魚など、美味しい魚が頂けるコースで接待相手もとても喜んでくれます。予算もコースは3000円からとリーズナブルなお値段から5000円ほどでさらに豪華なコースもあるのでとても満足です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。